CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE

  職業、旅行屋。
  趣味、はいど。

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
LOVE BLOG
OTHERS
Search this site



モットーは狭く深く。
ライブ参戦記録 No.301〜

 

 

302. 2017年11月06日/EGO-WRAPPIN'/新宿文化センター 大ホール

301. 2017年10月10日/MUCC/MUCC 20TH ANNIVERSARY 殺シノ調べ This is NOT Greatest Tour/中野サンプラザ

posted by みゆ | 22:37 | ライブ参戦記録 | comments(0) |
東京ドーム

過去何回東京ドーム行ったっけな?と遡ってみました。

 

1回目 00/12/02 TOUR2000REAL アリーナD7ブロック

2回目 00/12/03 TOUR2000REAL これチケットないんだけどどこ行った?スタンド2階席のハズ

3回目 00/12/06 TOUR2000REAL 3塁側スタンド1階29通路39列

4回目 05/09/24 ASIALIVE2005 1塁側スタンド1階24通路25列

5回目 05/09/25 ASIALIVE2005 1塁側スタンド1階12通路1列

6回目 06/11/25 15th L'Anniversary LIVE 1塁側スタンド1階24通路23列

7回目 06/11/26 15th L'Anniversary LIVE 3塁側スタンド1階44通路46列

8回目 08/05/31 L'7 アリーナE11ブロック

9回目 08/06/01 L'7 3塁側スタンド1階27通路31列

10回目 08/06/03 L'7 アリーナC8ブロック

11回目 12/12/30 KinKi Kids 3塁側スタンド1階43通路38列

12回目 13/12/24 Perfume LEVEL3 1塁側スタンド2階7通路24列

13回目 14/09/05 SMAP Mr.S 1塁側スタンド1階16通路13列

 

13回でした!

並べてみるとすごい近い席で見てたりして面白いですね。

次の2本は例にもれずスタンド1階席でした。

今回はFCチケットで2days入れるだけ幸運なのです。お友達に感謝。

 

25th L'Anniversary LIVEまであと9日!

始まったら終わっちゃう・・・のナーバスモード突入です(だめじゃん)

posted by みゆ | 00:15 | L' | comments(0) |
逎潺 2016 in Furano

また富良野へ行くときは絶対ROENTGEN NIGHTで、と思っていたのですが。

5年たってもROENTGEN NIGHTやってくれないので我慢できず行ってしまいました。

 

Twitterにつぶやいたことのまとめとざっくり感想。

 

1曲目。雪の足跡

 

ストリングスのアレンジがとても気持ちよかった雪の足跡。

ボーカルがあまり覚えてられなかったのが残念。。

席がちょっと近すぎましたね。

 

2曲目。WHITE SONG

 

原曲キーだったWHITE SONG。

ROENTGEN NIGHTは半音か一音上げてたんですけどね。

最初のBreatheからしてそんなに声を張れる音の高さでもないのにぐわっと声の圧が全身に響いて、一気に目の前白銀の世界になりました。

snow will fallで手のひらを天に向けて雪が降ってくるのを受け止めるしぐさをしたり、雪が降ってくるのを仰ぎ見る、天を仰ぐ目線が多かった印象。

I can't waitの本当に待ちきれない感が、柔らかな笑顔と、力強いwaitの声にこもっててとても楽しそう。

I can't waitの熱のこもり方に、はいどさんの感情を込めて歌えるようになった、っていうことがどういうことか初めてわかった気がしました。

 

3曲目。DEPARTURES

 

アレンジ最高。堀向さんありがとう。ありがとう。ありがとう。

あのダークさ。暗闇の中を進んでいくような重さのピアノと弦楽器。

これは、本家で色んなバージョンのDEPARTURES聴いたけど、小室さんには絶対できないアレンジなんですよね。

基本的にDEPARTURESは未来へ向かっていく歌詞で、明るい、外に開けたアレンジしか聴いたことないもの。

小室さんは、歌詞が明るければアレンジも明るく、暗ければ重い。

この逎潺気DEPARTURESは楽器がすごくダークなんだけど、はいどさんのボーカルが暗闇を通る一筋の光みたい。

最初光の線が細くて、曲が後半へ進むにつれ線が帯になり、大サビで光が暗闇をすべて覆い尽くすような。

曲が進んでいくにつれ熱を帯びるボーカルが素晴らしかった。

いちばんは、KEIKOちゃんがライブで歌っていたのと同じようにはいどさんも歌っていたこと。

はいどさんが、歌詞を読んで、解釈して、ここは強調して歌いたいと思ったところがKEIKOちゃんと同じだったということ。

1Bの最後の、全部あ、ず、け、た〜って一音ずつ区切って歌うところです。

音源は滑らかにあずけた〜って歌ってるけど。ちなみにMステはテンポ速くて区切ってなかったです。

こんな奇跡があろうかと。

このDEPARTURESを富良野で聴けて良かった。

20年前のわたしに言ってもこんな未来信じられないだろうな笑

 

4曲目。北の国から

 

北の国からガチオタはいどちゃん笑

わたしはオリジナルがまったくわからないのでさっぱりわかりませんでしたが^^;

アレンジは例えるならば、また火オープニングのHurry Xmas並みのポップさ。

うきうきわくわくストリングスにはいどさんのハミングが混ざってとっても楽しかった!

インスト的でしたね〜

 

5曲目。Hurry Xmas

 

めっっっっっっっちゃ楽しそうに歌っていたHurry Xmas。

ほんっとに楽しそうに歌うのよ。

あんな素敵な笑顔で歌ってくれるなんて、それが私の大好きな曲でなんて幸せでしかなかった。

雪が降り積もればいいのに、で天を仰いで雪降らないかな?な表情したり、

イカしたドレス着た〜で、最前の子をひとりずつ見てにっこりしたり、

たくさんの表情たくさんの笑顔魅せてくれた!

Com'on music♬でYUKIちゃんの方向いてどぞ!ってやってたのも可愛かったわ。

 

6曲目。Let It Go

 

一番歌いたい曲、とはいどさんが言っていたれりごー。

一昨年初めてやった時からずっと歌っているようですが全然期待してなくて。

オリジナルをちゃんと聞きこんでないのもありますけど、流行りものに対する拒絶反応が強い天邪鬼タイプなわたし。笑

それが今回のベスト!ってくらいとてもとてもとても良かったー!

キーをだいぶ下げて歌っているのもあって、なかなか聴ける機会のない低音域でその響き方にメロメロ〜

Butterfly's sleepくらいの低さと響き方だったと思います。

もう二度と〜と、れりご〜の伸ばす音が同じ、だったんじゃないかな?

素人耳なんで違うかもしれないけど、響き方が似てました。

この低さが、すごく男らしくて、カッコよかったんです。

そう。この曲にこんなに男らしさを感じることができるなんて!!!

素晴らしい歌い手さんになられて・・・なんて感動してしまいましたw

そしてはいどさんがしきりに面白い曲、と言っていたけど、そう言っていたのはたぶん、この曲一小節が歌メロと楽器隊でズレてるんだよね。

全部、歌メロのフレーズが、楽器隊が終わりきる前に始まるから入りのタイミングがすごく難しそう。

これ歌えるようになったら歌上手になれる気がすると言っていたはいどちゃん。

いやかなり上手くなったと思うんだけど、まだまだ向上心衰えてないところにうれしくなりました。

 

7曲目。雪の華

 

雪の華もキーかなり低め。

甘えとか弱さじゃないただ君を愛してるをはいどさんが歌うとかうおおおおおおお

カバーのいいところは、はいどさんが絶対書かないような歌詞を歌うのを聴けるところですよね。

「愛してる」という言葉を頻繁に使うことはない、でもちゃんとその時が来たら(大切な人には、だったかな?)言わなければいけない言葉(ニュアンス)と話していて、それからのこの曲は良かったですね。

中島美嘉ちゃんとリハで会った時のエピソードが面白かった。

雪の華を初めてみんなで合わせた時に隣のスタジオで美嘉ちゃんがリハしていて。

普通なら「ありがとうございます〜」で終わるのに、美嘉ちゃんは「ぜひ聞かせてください!!!」っていうの。あの子そういうところなんか度胸あるんだよね、と話していました。

可愛い妹のこと話してるみたいで実際そうなんだろうけど、とても微笑ましかったです。

 

8曲目。MY HEART DRAWS A DREAM

 

our hearts draws a dreamの合間のとぅるる〜ってファルセットのフェイクを久しぶりに聴けた!

って終わったあとかなちゃんと飲んでるときに共有できたのがうれしかったwやっぱり聴いてるところ一緒でしたw

今年YOSHIKIバージョンと、堀向さんバージョンと、幸運ながら両方聴けましたが。

YOSHIKIのピアノもとても素敵なんだけど、すこし泣きそうな音がするんだよね。

一方堀向さんのピアノは明るくてどちらかというとかわいらしい感じ。

富良野で聴くマイハートにはぴったりの音でした。

ラルク歌っているときのはいどさんがどの曲もとても笑顔で楽しそうだったのが、、、もう感無量です。

 

ラスト。SHALLOW SLEEP

 

夢で逢えますように、ってはいどちゃんが言うので当然sweet dreamsかと思っていたの。

サポートメンバーもACOUSTICメンバーだったし。

からのSHALLOW SLEEPで完全に頭パーーーンしてしまった。。

english ensembleにかなり近いアレンジで、1メロは楽器隊小さめでボーカルがふわっと入って、2メロから音数増えていくっていう感じだったように思います。たぶん。。

それが、本当に夢を見始める感じからだんだん眠りに落ちていくようでとても素敵でした。

もうちょっとちゃんと覚えていたかった。。全然覚えてない。泣

 

 

Last ChristmasとAngel's Taleが聴けなかったのがすこーし残念でしたけど。

今回聴いた曲1曲も逃したくはなかったし、どれもすごく素晴らしかったので、はいどさんが今届けたかったもの、歌いたかったもの全身全霊で受け止めました。

冬は寒いけど、暖まろうとするその行為が好きという話をしているはいどさんが好きです。

 

続きを読む >>
posted by みゆ | 20:54 | h | comments(0) |
2016年のライブを振り返る

▼今年行ったライブを列挙してください(日にち/バンドorイベント名/会場)

01月13日/VAMPS/Zepp Nagoya

01月19日/VAMPS/品川ステラボール

01月24日/VAMPS/Zepp Fukuoka

01月25日/VAMPS/Zepp Fukuoka

02月27日/Tommy heavenly6/東京国際フォーラムホールC

03月13日/M.A.D/びわ湖ホール

03月18日/M.A.D/中野サンプラザホール

04月16日/EGO-WRAPPIN'/中野サンプラザホール

05月06日/VAMPS/Zepp Fukuoka

05月07日/VAMPS/Zepp Fukuoka

05月13日/EGO-WRAPPIN'/横浜ベイホール

06月16日/Perfume/幕張メッセ

06月25日/MUCC/日比谷野外大音楽堂

07月06日/VAMPS/Zepp Nagoya

07月07日/VAMPS/Zepp Nagoya

07月09日/EGO-WRAPPIN'/日比谷野外大音楽堂

07月12日/VAMPS/Zepp Nagoya

07月28日/スッキリ!!LIVE/国立代々木競技場第一体育館

08月13日/VAMPS/舞洲野外特設ステージ

08月14日/VAMPS/舞洲野外特設ステージ

09月05日/VAMPS/Zepp Sapporo

09月13日/VAMPS/Zepp Tokyo

09月14日/VAMPS/Zepp Tokyo

09月16日/VAMPS/Zepp Tokyo

09月17日/VAMPS/Zepp Tokyo

09月20日/VAMPS/舞浜アンフィシアター

09月21日/J-MELOライブ/Zepp DiverCity Tokyo

10月02日/PARTY ZOO/Zepp DiverCity Tokyo

10月29日/HALLOWEEN PARTY 2016/幕張メッセ

10月30日/HALLOWEEN PARTY 2016/幕張メッセ

11月27日/EGO-WRAPPIN'/日本武道館

12月18日/HYDE/新富良野プリンスホテル

12月27日/JACK IN THE BOX 2016/日本武道館

 

▼今年一番楽しかったライブは?

どれだろね?w

楽しくなかったライブなんてなかったよ!

VAMPS箱ライブ納めのJ-MELOライブはオープニングのASHくんからずーっと楽しめた!

すかすかのZeppで好き放題踊りまくったのも楽しかったし。

 

▼泣けたライブは?

最初から最後までずっととめどなく泣いてたのは逎潺気任后

 

▼一番印象に残った曲は?

やっと生で聴けたDEPARTURES。

KEIKOちゃんとの違いを探してしまう自分にけっこうびっくり。

 

あと1月のZepp Fukuokaで演ったMADE IN HEAVENですね。

ハイヲタ4人満場一致でこの10年のベストアクトMADE IN HEAVENでした。

カッコよかった!

 

▼一番印象に残ったMCは?

えーーーMCほとんど覚えてない。笑

MCというか、逎潺気任呂い匹舛磴鵑「25周年まだ終わってませんよ?」って言った時のニヤリ顔が忘れられなくて、これは色々決まってるんだろうなあと思ってたら、富良野から帰ってきた翌日東京ドーム発表されましたよねw

 

▼初めて行った会場or都道府県は?

Zepp Fukuoka閉まるっていう年に初めて行って、4回行きました笑

M.A.Dのびわ湖ホールは綺麗で音もよくて素晴らしかったー!

 

▼行きたかったけど行けなかったライブはある?

今年Midnight Dejavuぶっちしてしまったのは心残り。

 

▼今年一番行った会場はどこ?

Zepp Tokyo4回

Zepp Fukuokaも4回。

Zepp Nagoyaも4回。

というか今年全国の現存するZeppほとんど行ったなあ…(なんば以外全部)

 

▼遠征はした?

名古屋、福岡、びわ湖、福岡、名古屋、大阪、札幌(日帰り)、富良野

 

札幌日帰り意味わかんないですね。

と言っても往復交通費名古屋と変わらないくらいで行ってきたんですよ。

 

▼チケット代・交通費・ドリンク代etc…どのくらい使った?

燦然と輝く富良野198,000円

 

▼今年最後のライブは?

5年ぶりの忘年会!JACK IN THE BOX!

 

▼来年は今年よりたくさんライブに行きたい?

ほどほどに…

 

▼来年最初のライブはもう決まってる?

クラムボンとエゴラッピン2マン!まだ発券してないや…

 

▼総括

Unpluggedで始まり、逎潺気能わった1年でした。

幸運に恵まれた1年でしたね。

posted by みゆ | 15:43 | バトンちゃん | comments(0) |
ACOUSTIC

VAMPS LIVE 2016終わりました。

ACOUSTIC DAYに命かけたツアーでした。

 

Unpluggedがすべての発端で始まったアコースティックしばり。

どなたか存じ上げませんが、VAMPSにオファーしてくださって感謝しかない。

 

しかし終わってみると、私がドストライクで好みの声はアコースティックではなく、

爆音の中で聴く、爆音の更に上を行く轟音の声なのかもしれないと思ったり。

 

アコースティックDAYは名古屋2日間と、札幌と、オーラスの舞浜と4本行きました。

名古屋初日は演者も客も手探りで、Unpluggedほどではなかったものの(散々MCのネタになりました笑)、

かなりの緊張感のなか紡がれる音に息をのむばかり。

そもそも幕が上がり切る前に始まるFAITHのストリングスなんて私を殺す気か(一番好きな曲なんですよ)。

初日にひとりアポカリプティカと称されていたチェロのかおりん。

頑張ってるのはわかるんだけど、Unpluggedのw/アポカリプティカを生で聴いていたので…

どう頑張っても音が足らない(;;)軽い(;;)と思っていたの。

そしたら2日目にコーヘイくんのコントラバスが加勢に入りました。

対応早い!素晴らしい!

2日目で初日の悩みの種ほとんど全部修正できたんじゃないかってくらい色々変えてましたね。

FAITHのコーラス(いつもはかずくんが歌っているパート)も初日かなりあっさりだったのが、

最後の伸びをかなりサビ食い気味に伸ばして、ビブラードがとてもきれい。

この対応の早さ、完成度の高さ、こんなに隙がないライブ、演奏を観るのは久しぶりでした。

 

私が一番集中して観れたのはかなり強引に行った札幌。

休みが1日しかなかったので、初めてSKYMARKのお世話になり、夜更かしフライトで帰ってきました。

いや〜無茶した。見事に体調崩した。リカバリに3日かかりました笑。

札幌はSWEET DREAMSに尽きます。

アウトロのフェイクにL'ArCASINOのPiecesの面影を見ました。

最後の鉄琴のような綺麗なファルセットはhydeさんならでは。この人だけの武器。

バンドはTHE PASTがちょっとズレてた気がする…

舞浜はガチっと合ってたので、やっぱりあれズレてたんだなってわかるという。。。

 

アコースティックはTHE JOLLY ROGERとLOVE ADDICTがかっこよすぎた…!

特にLOVE ADDICTはベース(アップライト?コントラバス?)とはいどさんのボーカルとの兼ね合いが素晴らしい!!

カッコよすぎて心臓ドキドキバクバクして、毎回毎回号泣でした。

ベースカッコいいとこんなにカッコいいんだ(;;)<察してください

 

舞浜は前日から遊びすぎました。

ライブのころにはわたし少しお疲れでしたよ。

アンフィシアターの特徴である円形ステージを活かせてないのが残念でしたけど。

死角ができるから、なんですかね。

それならB席作って見切れ席とすればよかったのにとかブツブツ…

 

それはいいとして。

それまでの6日間のZepp Tokyo公演と氣志團万博で、かなりボーカルがVAMPSモード。

いやアコースティックもVAMPSですけどね。

普段の声の出し方と違って、はいどさんの超絶技巧ボーカルが聴けるんですが。

Zepp公演と続けて聴いたせいもあって比べられたからわかったんだけど。

思いっきりパーーーーーーンと全力で殴ってくる轟音ボーカルのほうがどうやら私は好きみたい。

Zepp公演のVAMPIRE'S LOVEのいまでもーーーーーの伸びが素晴らしくて感動に感動してたんですね。

アコースティックでもやるかな〜って構えてたら今一つ伸びなくて、なーんだと思っちゃった笑。

でもSWEET DREAMSは札幌の比じゃないくらいアウトロのアレンジが力強くて。

かなりしっかりしたメロディ歌ってて、思い出せないから音源ください。どうかひとつ。

 

バンドはVAMPSにしては回数少ない中で、簡単に完成度高いライブを魅せてくれて、感謝しかありません。

本当に隙がなかった。それははいどさんも。

いつの間にこんな力持ったボーカリストになったのかしら。

いやすごい人なんですけど。今年またひとつ飛躍の年になりましたね。

 

舞浜の最後のスタンディングオベーション。

Zeppではなく劇場であるアンフィシアターだからできたことだと思います。

はいどさんもかずくんも、スタンディングオベーションなんて経験したことない、よね?

鳴りやまない拍手の中、ふたりがぎゅっと握手したのが印象的でした。

はいどさんのまたやりましょう、を信じてまたこの素敵な時間を過ごせる日を夢見ています。

 

ライブのスタイルとして、何も邪魔されず耳も視界もストレスフリーに楽しめるアコースティックライブは好きです。

これからもVAMPSのひとつのスタイルとして続けていってほしい。

それはそれ、これはこれで、Zeppのライブスタイルも大好き。

わたし基本的にロックが好きなんだろうけど。

J-Meloライブでこういうライブしばらくないからー!の声に思わず、とってた柵の場所捨てて踊りにいったもんねw

 

今年のアコースティックで、本当にすごいボーカリストにまた成長したはいどさん。

ラルクで歌ってくれるのがとても楽しみ。

戻ってくるのを気長に待ってまーす。

posted by みゆ | 23:55 | h | comments(0) |