CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
モットーは狭く深く。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - |
逎潺 2019 in Furano

ツイッターにつぶやいたことのまとめと補足。

 

WHITE SONG

ドあたまのBreatheから音圧全然違くてびっっくり。

今までは第一声震えてることがままあったし、緊張してんのかなーと感じることが多かったけど、

初っ端からこの音程でこの声量くらっくらした。

あとwinter airとかpeacefull sleepの低音ビブラートに空間が満たされて幸せだった。

壊れた心へ降り注いだなら、で天を仰ぐ目線と、左腕を広げて雪を浴びるような仕草。

一瞬でバンケットホールが銀世界に変わる瞬間。

しかし、キー+2だっけ?

この高さでveiled in whiteギリギリファルセット使わないで出していたけどどうなってるんですか…

高音disっておきながら最強の高音お持ちです。

 

今までの富良野では、あんまり見ないで緊張する……ってよく最初のMCで言ってたのに、

今年全然そんな感じなくて、逆にはいどさんの方からめっっっちゃ見つめてきてこっちの緊張煽る感じあった。

全員アウェイのちっちゃい箱からバカでかい箱までまんべんなく経験してるからこその余裕がありますね。

 

Angel's Tale

私が聴いた中でぶっちぎりベストアクト。

低音の震わせ方と落ちない音圧。

あ‘の’降り注ぐとか、な‘ぜ’この腕は、とか伸ばすところのビブラートが本当に弦楽器みたい。

ここチェロも最高潮に高まってくるところで楽器のチェロ×声のチェロが素晴らしい。

低音強いせいか、今まで聴いたどのAngel's Taleよりもしっかりした、後日談感強いAngel's Taleだった。

キーは前に歌っていた時とたぶん変わらないはずなんだけど。

Beast Party(夏だったし)もTOKYOも台湾もふわふわぽわんとしたファンタジーだったの。

遠い日の大切なAngel's Taleという歌詞をそのままダイレクトに声で表現したAngel's Taleでした。

歌い終わったあと、天使のしっぽじゃないですよ?って言うのは2002年からずーーーっと変わらず鉄板ネタよね。

天使の物語ですよって答えもちゃんと教えてくれました。

クリスマスに流れてたらいいなって作りましたってそれも毎回言うけど、

わたしもこんな素敵なクリスマスソングが流れる社会を夢見てる。

 

明日(平原綾香)

オリジナルキーのままそのまま歌ってました。

あの〜〜〜のウィスパーから入ってだんだん声が大きくなっていく伸ばし方と、

ほしく〜ずの、チェロみたいな空間震わせるビブラートが至高。

音低くなってもまったくブレずにビリビリ響いてきてたまらん。

メイン楽器がチェロの曲だったから、余計に際立つ弦楽器のような声。

すべて終わった後に、Spotifyで歌詞確認しながらけいちゃんと、あの星屑〜〜〜〜〜!!!!!!

って手に手を取り合って悶えてたのが面白かったです。相変わらず聴いてるポイントシンクロしてるw

 

北の国から

2016から演ってるのかな?JazzyでPopなキラキラアレンジが最っっっ高に楽しい。

2016の時はもっとインスト的で、そんなにはいどちゃんも気合い入れて歌ってる感じしなかったと記憶してるんだけど、

全っっっ然ちがう!DEVIL SIDEのfu〜ufuuuをもっと高くもっと延々歌ってくれる感じ。

この綺麗なファルセットがまじフルート。

くちばしにチェリーの武嶋さんのフルートみたい(伝わらないw)。

ファルセットなのに細くなるどころか変わらない音圧。

はいどさんの高音ファルセットの真骨頂を見た。

とても楽しそうに笑顔で歌ってるのも印象的。

 

Hurry Xmas

北の国から流れるようにさらにキラッキラなHurry Christmas♬

はいどさんのボーカルとストリングスのアンサンブルが素晴らしくてカッコ良すぎて泣く。

着飾った〜⤴︎とか、わ〜⤴︎るくはないねとかaの伸ばす音にビブラートかけてんの好きすぎる。。

サビ以外のメロはかなり低い曲だけど、低音全然ブレなくなりましたね。。

弦楽器ぽいけど、ちょっとトロンボーン的な低さもあり。

はいどさんの声にあまり金管楽器的な印象ないけど、音のハリとデカさがトロンボーン(楽器詳しいわけじゃないのであくまで印象です)。

途中(ハンドクラップを)ヘタクソかっ!て怒られてから後半、ブイブイにノリノリに乗ってきて、

ボーカル最高潮でこっちはハンドクラップどころじゃなくぶるぶる震えておりました笑

逎潺汽▲献△XXXとか、VAMPSアコースティックのLOVE ADDICTとか、

アップテンポでノッてくるとめちゃめちゃ化けますよね。

笑顔も弾けんばかりで楽しそうだった!

前は音量コントロールをマイクの位置で調整してたけど(Unpluggedとか逎潺TOKYOとか)、

マイクの位置変わらずに音量コントロールできるようになったように見えたし聴こえた。

それでもHurry Xmasはおさえきれなくなるみたいで、

これ1階(会場が地下なので)うるさいんじゃないか?ってくらいの大音量ボーカル笑

 

めぐる季節(オフコース)

明日に比べてとても下げてて(マイナス2くらい?)、オリジナル聴いても同じ曲の感じがしなかった笑

曲が魅せる景色が全然違う。完全にはいどの曲に塗り替えてしまってた。

楽しそうに、でも遠くを見るような目線が見てる景色は和歌山だったんだろうなーーー

その声でその場の空気を変える魔術を持ってるひと。

曲が終わってから、この曲チェロが素敵で、音源と同じようにチェロ入ってるの!わあ〜おれが(めぐる季節)歌ってる〜〜

って言ってたんだけど、そういう聞きどころは曲の前に言って欲しかったです笑

 

雪の華

久しぶりに、と歌ってくれた雪の華は私が前回行ったとき以来だったのかな?

たった3年。されど3年。

すごくたくましい強い雪の華になっていてびっくりしました。

それはたぶん低音の強さのおかげだと思うんだけど。

やっぱり’a’の音の伸びが好き!

Bメロの風が〜〜冷たくなっての震わせ方とか歌い方はウィスパーなんだけど、音量は下がらない。

本当にすごい歌い手さんになったな、とびっくりします。

自己紹介するのに、自分のことを「歌を歌っています」と言っていることがあるけど、

ミュージシャンじゃなくて、バンドじゃなくて、「歌」が職業なんだよね。

それをまざまざと見せつけられた雪の華でした。

しかしキー下げているのもあるけど、サビの今年最初の雪の華'を'をファルセットなしで地声で出してるのすごい。

性別は、、、?

Q&Aコーナーで、「日本人って高い音出せればいいと思ってるでしょ!本当は低音が肝なんだよ」と言っていたわりに、

めちゃめちゃ強い高音お持ちですよ貴方(再)。

 

SHALLOW SLEEP

逎潺汽▲譽鵐犬2Aのストリングスが大好きで。

でもWカルテットだとどうしても音がダブって濁るんだよなあ〜と思っていて。

富良野はバイオリンひとりなのでとてもきれいな音色が聴けて嬉しかった!

\かなこ〜〜〜〜〜/って咲きたくなります笑(バンギャの悪い癖すぐ咲きたがる)

聴くたびにだんだんテンポがゆっくりになっていく気がする。

夢で逢えますように、と毎回富良野ではSHALLOW SLEEPやってくれるの大好き。

 

雪の足跡

あんなに気が気じゃない状態で聴いたL'Xの雪の足跡から一変、とても安定した雪の足跡でした。

歩道沿いには梢に咲く雪の華で、斜めを見上げていたのにグッときて嗚咽。

そして毎回雪の足跡あんまり覚えてない。。。

 

最後に、夢で逢えるのを楽しみにしていますって締めてくれるはいどさん本当にはいどさん。

そういうことがスマートに言えて全然キザにならないのすごいわ。

 

 

途中AliとのQ&Aコーナーで、はいどさんが自分の声を評して、

ぼくは色んな喉を持ってて、色んな声を出せるように無意識に喉を変えてるみたいでそれが喉を悪くする、壊しちゃうこともあって。

今回のアメリカツアーで意識して喉を一本化するようにしてました。

それが身体に染みついてきたところで、意識しなくても一本化できてるとてもいい状態!と言っていました。

そう言われて気づいたというか、Hurry Xmasが去年のL'Xと歌い方ちがうなーー具体的にどこがって言われると難しいけど、

なんかもっとビブラート強くしている感じで、9曲全編通して、はいどさんの言葉を借りるなら同じ喉で歌ってるんだろうなとよくわかった。

その流れではいどさんが、この前のANTI FINALも映像見たけど、とてもいいよねえ〜すごくいい状態で歌えた!と自画自賛してました。

Aliもそこでうんうん頷いていたし。

あそこまで、パフォーマンスやステージではなく自分の‘歌’を褒めるのはちょっと珍しいと思う。

また新しい力を掴んだのね。

 

2019年は逎潺気箸靴童凝晴鶺◆△憤象でした。

はいどさんが歌いたい’冬の’曲が詰まった素晴らしい宝物のような空間。

またこの空間に帰ってこれることを願って、また1年がんばります。

 

12/14は、もう15年近くのお付き合いになるkeiちゃんのお誕生日当日でした。

一緒にこの時間を共有できたこと、大切な思い出になりました。

2020年もやかましハイヲタコンビで仲良くしよね!

posted by みゆ | 16:14 | h | comments(0) |
2019年のライブを振り返る

▼今年行ったライブを列挙してください(日にち/バンドorイベント名/会場)

1月12日/POLPO/SHIBUYA WWW

1月23日/HYDE/幕張メッセイベントホール

1月24日/HYDE/幕張メッセイベントホール

1月29日/HYDE/和歌山ビッグホエール

1月30日/HYDE/和歌山ビッグホエール

2月8日/IMOCD!/SHIBUYA VUENOS

3月23日/HYDE/Zepp Tokyo

3月24日/HYDE/Zepp Tokyo

5月1日/MUCC/中野サンプラザ

5月2日/MUCC/中野サンプラザ

6月22日/HYDE/Zepp Tokyo

6月25日/HYDE/Zepp Tokyo

6月26日/HYDE/Zepp Tokyo

6月29日/HYDE/Zepp Tokyo

7月3日/EGO-WRAPPIN'/横浜ベイホール

7月10日/HYDE/BLUE LIVE HIROSHIMA

7月24日/HYDE/Zepp Nagoya

7月25日/HYDE/Zepp Nagoya

8月3日/ROCK'IN JAPAN FES/国営ひたち海浜公園

8月16日/MONORAL/Shibuya Chelsea Hotel

8月18日/SUMMER SONIC/幕張メッセ&ZOZOマリンスタジアム

8月19日/BRING ME THE HORIZON/新木場STUDIO COAST

9月29日/EGO-WRAPPIN'/日比谷野外大音楽堂

10月4日/BAROQUExACID ANDROID/duo

10月21日/Belt/Shibuya STAR LOUNGE

10月23日/Perfume/LINE CUBE SHIBUYA

11月14日/EGO-WRAPPIN'/LINE CUBE SHIBUYA

11月24日/Yahoo!チケット EXPERIENCE Vol.1/幕張メッセイベントホール

12月7日/HYDE/幕張メッセ

12月8日/HYDE/幕張メッセ

12月10日/IMOCD!/SHIBUYA VUENOS

12月14日/HYDE/新富良野プリンスホテル

12月25日/BAROQUExTHE NOVEMBERS/渋谷ストリームホール

12月28日/Trigger In The Box/国立代々木競技場第一体育館

 

▼一番印象に残った曲は?

BIRTHDAYのMEMORIESは一生忘れないと思います。

広島のOrdinary Worldはそれまでの殻をぶっ壊した感じありましたね。

逎潺気Angel's Taleは文句なしのベストアクトでした。

はいどさん以外だと、PerfumeのDreamLandがすごかった・・・

 

▼一番印象に残ったMCは?

ライブハウス120個あるビルの話だけで1年笑いました。

(チェルシーホテルとかスターラウンジとか入ってるビルをAliがそう言ったw)

 

▼初めて行った会場or都道府県は?

ついに、和歌山に上陸しました。

 

▼行きたかったけど行けなかったライブはある?

この仕事している限り一生CDJには行けないと思う(29日が最終営業日)。

 

▼今年一番行った会場はどこ?

幕張とお台場によく行きます(毎年のこと)。

 

▼遠征はした?

今年は海外に行ってないのでそんなにお金かけてない(と、思う)。

 

▼今年最後のライブは?

毎年恒例年末忘年会が武道館から代々木になりました。

 

▼来年は今年よりたくさんライブに行きたい?

夏の動きが読めませんね。

その辺次第だと思います。

 

▼来年最初のライブはもう決まってる?

ラルクアンシエルのツアーが待ってる未来っょぃ

 

▼2019年の統括

逎潺気濃呂泙蟾ミサで終わった1年でした。

はいどさんと自分の距離感をつかめなくて悩んで悩んで最後に納まったので良かった。

DEVIL SIDEを幕張で克服できたのが収穫でした。PABLOのおかげも大きいけど。

来年のMMXXツアーどうなるのか楽しみでもあり怖くもあり。

34本中、24本けいちゃんとご一緒していただきました。

そろそろ付き合った方がいいなじゃないかな私たち笑

posted by みゆ | 23:14 | バトンちゃん | comments(0) |
ライブ参戦記録 No.351〜

376. 2020年03月04日/L'Arc〜en〜Ciel/ARENA TOUR MMXX/国立代々木競技場第一体育館

375. 2020年02月28日/L'Arc〜en〜Ciel/ARENA TOUR MMXX/横浜アリーナ

374. 2020年02月25日/Perfume/8th Tour 2020 "P Cubed" in Dome/東京ドーム

373. 2020年02月08日/L'Arc〜en〜Ciel/ARENA TOUR MMXX/さいたまスーパーアリーナ

372. 2020年01月13日/L'Arc〜en〜Ciel/ARENA TOUR MMXX/大阪城ホール

371. 2020年01月12日/L'Arc〜en〜Ciel/ARENA TOUR MMXX/大阪城ホール

370. 2020年01月09日/L'Arc〜en〜Ciel/ARENA TOUR MMXX/大阪城ホール

----------------------------------------------------------------------------------------------------

369. 2019年12月28日/Trigger In The Box/国立代々木競技場第一体育館

368. 2019年12月25日/BAROQUExTHE NOVEMBERS/2MAN TOUR BRILLIANCE/渋谷STREAM HALL

367. 2019年12月14日/HYDE/HYDE Room presents 逎潺 2019 in Furano/新富良野プリンスホテル

366. 2019年12月10日/IMOCD! /SHIBUYA VUENOS

365. 2019年12月08日/HYDE/HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL/幕張メッセ

364. 2019年12月07日/HYDE/HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL/幕張メッセ

363. 2019年11月24日/Yahoo!チケット EXPERIENCE Vol.1/幕張メッセイベントホール

362. 2019年11月14日/EGO-WRAPPIN'/live tour 'Dream Baby Dream'/LINE CUBE SHIBUYA

361. 2019年10月23日/Perfume/Reframe2019/LINE CUBE SHIBUYA

360. 2019年10月21日/Belt Live Electric/渋谷STAR LOUNGE

359. 2019年10月04日/BAROQUExACID ANDROID/kiss the sky 検duo MUSIC EXCHANGE

358. 2019年09月29日/EGO-WRAPPIN'/Dance, Dance, Dance/日比谷野外大音楽堂

357. 2019年08月19日/BRING ME THE HORIZON/SUMMER SONIC EXTRA/STUDIO COAST

356. 2019年08月18日/SUMMER SONIC 2019/幕張メッセ&ZOZOマリンスタジアム

355. 2019年08月16日/MONORAL/Sin & Kite 2019 Acoustic Party/Shibuya Chelsea Hotel

354. 2019年08月03日/ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019/国営ひたち海浜公園

353. 2019年07月25日/HYDE/HYDE LIVE 2019/Zepp Nagoya

352. 2019年07月24日/HYDE/HYDE LIVE 2019/Zepp Nagoya

351. 2019年07月10日/HYDE/HYDE LIVE 2019/BLUE LIVE HIROSHIMA

posted by みゆ | 17:28 | ライブ参戦記録 | comments(0) |
L'ArChristmas Day-2

2日目は2階スタンド2列ほぼセンターという遠いけどものすごく見やすい席でした。

 

1.winter fall

初日より最初から音響ばっちりで良く聴こえましたーー

けどはいどさんのボーカルやっぱり弱いと思っていたのですね。

案外自分の耳も信用できるものだなと最後のMCで気付きました。

2.Caress of Venus

けんちゃんのギターが冴え渡っていたまずひとつがCaress!

いつも原曲に忠実なギターを聴けるのがけんちゃんであり、安心感もあったのですけど。

ここに来てさらにカラフルにメリーゴーランドみたいな音の変化が楽しいフレーズ入れてきてくれました!

普段ギターあんまり聴かないから表現が・・・自分でもよくわからない笑

オーラスの君に瞳はさらわれてはしっかりけんちゃんとはいどさんを大写しにしてほしい。

3.snow drop

 

4.BLESS

5.接吻

6.fate

けんちゃんのギターが最高すぎて魂飛んだのがfate。

ほかの曲に比べればギターソロが毎回変わる曲だったと思うけど。

それでも1回変えてからはほぼそのまま同じフレーズをなぞっていたような。

(いかにいつもギター聴いていないかがバレる笑)

明確に、凍土を貫く熱いフレーズを畳みかけるようにぶちかましてくれるなんて初めて!!

2日目の一等賞は間違いなくfateでした。

頭3曲はいどさんの表情もガチガチだったのが、接吻あたりから溶けてきたように感じました。

7.Dearest Love

初日あんなに無表情だったのに、2日目はもう苦しくてどうしようもないみたいな。

全感情を歌に込めて爆発させていたように見えました。

ここまで2日間で主人公の立ち位置変わるのかと…

1日目は離れてゆくあなたが誰なのか本人もわからないみたいな無の恐怖を感じたけれど、

2日目は離れていったことが信じられなくて事実を受け入れられないみたいな恐怖。

2日とも余すところなくリリースしてくれません??

8.MY HEART DRAWS A DREAM

初日のマイハートはかなりDearest Loveを引きずっていたオープニングのギターでしたが。

音色がすごく悲しかったんですよね。2日目は最初からマイハートでした。

1サビの最後会えるといいなを飛ばしてダッシュで引っ込んで戻ってきたはいどさん。

イヤモニ気にしてたからそっちの調子が悪かったのか、喉なのかどっちだったんでしょう。

 

9.Hurry Xmas

オープニングはいどさんとてっちゃんが向かい合って目を合わせて奏でるハーモニーが…

ラルクアンシエルでこういう音楽の楽しみ方ができるなんて…

この時間が永遠に続けばいいのにと思いました。

プレゼントはまだ隠しておいての時、後ろ手にプレゼント隠してるはいどさん可愛い〜〜

大サビの、あの子喜んでくれるかな〜ah〜ってもう1回上にあげてたのグッときた!!!

やっとボーカルアレンジする余裕出てきたのかな…良かったーーーほんとに声出て良かった。

10.Driver's High

けんさまセンターステージ!

最初から最後までひとりでセンターステージ!!!

あんなにけんちゃんしか見ないことないわってくらいDriver's Highはずっとけんちゃん見てました。

11.DIVE TO BLUE

 

12.未来世界

Hurry Xmasもだけど、ここまで声をフューチャーしたライブって今までやったことないのでは?

(声=はいどさんだけじゃなくてね)

ラルクアンシエルは良くも悪くもものすごく音源に忠実なバンドで。

それってすごいことでもあるけど。

ライブでしか聴けないアレンジも欲しくなってきたところでこのHurry Xmasと未来世界。

たくさんの時間をかけて準備してくれたのがライブ本番から伝わってきましたよ。

最後のいい夢見てMerry Christmas♬にきゅんとしました。

13.静かの海で

これは天井から見下ろすことができて良かった。本当に東京ドームが宇宙になった瞬間。

ミラーボールに照らされたセンターステージは月基地のようでしたよ(ぼく地球引きずってます)

魂が空気に溶けて音と一体化する感覚を味合わせてくれるのはラルクアンシエルだけです。

最近そう感じられることがあまりなかったから。

 

14.trick

けんちゃんが完全に咽てておじーちゃん大丈夫(TOT)と心配してたら、

はいどちゃんは歌いだし忘れてて、物忘れおじーちゃん(TOT)

メロ隊おじーちゃんズがんばって。

15.XXX

SE流れてたけどなかなか始まりませんでした。

もしや合間に注射してたのかな…そんなにあかなかったか。

心配してたけど、心配するほどでもなかった素晴らしい歌声。

今まで聴いた数々のXXXと遜色ない妖艶かつたくましい歌声。

そう。XXXってたくましいんですよね。強い。

嫋やかに優美にだけならないところがはいどさんのこの曲の解釈なんだなと思って。

16.Wings Flap

シャンパンタワーもってこい!!!って感じ笑

でもフリフラもシャンパンカラーに煌めいててわかってる〜〜〜〜!

だいきらいきらいきらいの表情L'ArCASINOはもう少しくるくる変えてたように聴こえたけど。

そんな余裕なかったのかも…

17.Link

てつやー!!!!!センターステージにてつやさんでした。

いつか生まれ変わる世界がその目にでフロアを指さすはいどさん。

昔からやってるけど(最初に見たのはPOP JAMの最終回かな)最近力強くなりましたね。

18.White Feathers

大サビ前のギターソロでもない、でもバンドが最高潮に盛り上がってるあの辺がすごく好き。

ゆきひろさんがぽこぽこタム回してるらへんですね。

盛り上がって盛り上がってトドメにはいどさんのハイトーンがどかーーーーんと入るの。

ラルクアンシエル尊い…

 

19.Don't be Afraid

何が違うと明確に表現はできないのですけど、初日と明らかに違う力強さ。

はいどさんの声に宿る力が強大で、それに全然負けないむしろそれを引っ張ってるバンド。

こんなに力強いDon't be Afraid過去4回で初めて。ベストアクト。

パワーバランスがこんなにかちっとハマるとこんな凄い曲になるんだわ。

しかしはいどさんが男前すぎて目力強くてほれぼれでした。

結局はいどさんしか見てないんですけど笑

20.twinkle,twinkle

幸せすぎて泣けるっていうのはラルクアンシエルに出会わなければ知らなかった感情。

この辺泣きすぎて覚えていない。

21.I Wish

 

このMCで、「朝声が全然出なくて」って聞いた瞬間目の前真っ白になった。

色んな人が同じようなことでつまづいていたのを見ていたのに、

まさかこの人もそういうことになるだろうという想像ができていなかった。

私たちが昼間遊んでいた間この人はどんな思いで治療を受けていたのだろうと思うと。

しばらく引きずりそうです。

 

神様はいないとはいどさんは言うけれど。

それは、はいどさんがはいどさん自身の力を信じてるからじゃないかな。

人のせいにせず、全部自分の力で切り開いて乗り切ってきたから。

その力をくれるのは神様じゃなくて、自分で、メンバーで、スタッフ。

私たちも入れてくれてるかな。だといいな。

 

22.雪の足跡

初日ハラハラしてたピッチも全然心配なく。安定してました。

どこにそんな力があるんでしょう。

泣きながら聴いてたから全然覚えてないので、WOWOWさんとキューンさんよろしく。

 

ラルクアンシエルに希望が持てなくなった1年8か月前から反転、

こんなファンタジーなステージを魅せてくれて嬉しさしかありませんでした。

未来が楽しみだよ。まだまだ楽しみにしてていいんだよね。

ロマンチックなクリスマスでした。

posted by みゆ | 15:00 | L' | comments(0) |
L'ArChristmas Day-1

備忘録。

 

1.winter fall

2.Caress of Venus

3.snow drop

Aメロの低音…低音の安定感素晴らしい。。

こういう低い音を音圧下げずに、ブレもせず、クリアに響かせられるようになったのは、

ソロワークの賜物だと思うの。

高音は昔からとてもきれいだけど、こういうところで進化が見えてうれしい。

全体的な声の使い方は味スタの方が好きでした。

でもAメロの低音がしっかりしているのは今回。声に厚みがある。

けど、味スタの大サビララルララの声の切り替え本当に素晴らしいからみんな聴いて…

 

4.BLESS

5.接吻

ハイヲタs4人イントロでぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでした。

スクリーンにはいどさん映った瞬間後追いで更にぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(ほんとお近くにいた方うるさくて申し訳なかったです…)

接吻もsnow dropと同じで、低音…はいどさんの低音ビブラートがたっっっまんなかったです。

THEATER OF KISSの接吻の音源聴きすぎて、Show me nowで全力絶唱するはいどさんが脳裏をよぎるw

夢見心地で全然覚えてないので悔しい…

Caressのアウトロみたいに、最後けんちゃんとはいどさん向かい合って歌ってた?かな?

6.fate

7.Dearest Love

東京ドームでDearest Loveを聴くのが夢!といつもいつもいつもジュリちゃんが言っていて笑

聴くたびに無理だろーって思ってたんですけど(ごめんねw)。

まさか本当にその夢が叶うとは。

曲の冒頭はこの曲が聴けたことに対する感動で打ち震えていたのですけど。

だんだん。どんどん。歌詞がつらくなってきて。

全然そんな歌詞だと思ってなかったのに、この1年であったいろんなこと思い出してどんどん辛くなってしまった。

すれ違う言葉だけに埋もれて行って目の前は塞がれた。

苦悩の表情かと思いきや、全然目に色がないんですよね。表情がない。

真正面を向いて一点見据えた何も映していない瞳は何を見ているのかわからない。

ギターソロ前の"あなたは離れてゆく"の美しいファルセットに反比例して一切の感情がない無表情。

その瞳に吸い込まれそうで怖かった。怖いほど美しい。

ライブ終わったあとREINCARNATIONホテルの部屋で見ていたのですけど、

表現が全っ然違う。わかりやすく苦しそうな表情。苦悩を体現する歌う身体。

反面、今回の大人になってすべてあきらめたかのような表現の凄み。

2018年に聴けて良かったけどしばらく辛かった…

あとてっちゃんのボーカル力上がってからの高音コーラス素晴らしい!

はいどさんの声にはてっちゃんのコーラスがいちばん。

8.MY HEART DRAWS A DREAM

本編最後にDearest Loveで客席を絶望の淵に落としたまま放置していた21年前。

ここにマイハートで救いを用意してくれたのがバンドの成長なのかな。

逎潺気任呂修鵑覆海醗貔攣廚錣覆ったのに、Dearest Loveと続けて演ってくれたことで、

さらにVAMPS活動休止になってしまったことが思い出されてしまって。

この2曲辛かったです。

でも、はいどさんにL'Arc〜en〜Cielという戻る場所があって良かった。

何の迷いもなく、ここがはいどさんの戻る場所なんだと教えてくれたのがマイハートでした。

センターステージで50,000人の声と光を浴びるはいどさんはすさまじく綺麗でしたよ。

夢を描くよの合間にはいるour hearts draws a dreamをマイク通して歌ってくれるのが久しぶりで、

とても綺麗なウィスパーのファルセットにメロメロでした。

 

9.Hurry Xmas

ドアタマのはいてつラブラブデュエットタイム何事!!!!!!!!!!!

2人ともちょっと照れが入ってて中々目を合わさない感じがいかにもで恥ずかしくなる笑

スペシャルなクリスマスアレンジに自然と笑顔がこぼれました。

Com'on music♬ではいどちゃんがぴしっとけんちゃんを指さすのはおなじみなんですが、

お願いだからスイッチャーさんスクリーンにちゃんと映して。

逎潺気Hurry Xmasのアレンジとほとんど同じでしたね。

ただイントロと大サビの、2人のオンステージに仕上げたのはさすがとしか言いようがない。

拍手。

10.Driver's High

11.DIVE TO BLUE

ハイヲタs4人イントロでぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでした。(2回目)

これは私も夏の曲だと思っていたので、冬にやるとは思いもしませんでした。

青色の深くに沈みたいでマイク持ってない方の手のひらを(左手かな?)、

ぐっと下に押し込むしぐさをしていたのが好きでした。

近頃身振り手振りの表現が増えましたね。

 

12.未来世界

クリスマスっぽいアレンジを、と繰り出されたのはメロ隊3人での聖歌風未来世界。

(※わたしラルクアンシエルははいどてつやけんちゃんがメロディでゆきひろがリズムだと思ってます)

急にコーラスやってとか言うのやめてとけんちゃんは言っておりましたが。

一体いつ思いついたんですかこんな素晴らしいアレンジ…

ラルクでも、こういうライブだけのアレンジ考える余裕があったんだなあ時間たくさん割いてくれたんだな、

と思ったら胸が熱くなりました。

逎潺気眤膵イだけど、そこでアレンジしてラルク曲やるなら、ラルクでオケ呼んで来いと思っていたので。

オケがあって失敗した(と私は思ってる)曲もあるので一概に全部いいわけでないんですけど。

去年は悲しい未来世界だったけど、今年はほんわかできる未来世界で良かった。

13.静かの海で

無線の音が聞こえたときまじか・・・と思わず漏れてしまった静かの海で。

私的櫻のドラムじゃなきゃ無理だろう曲2トップがWind of Goldと静かの海でだったのですけど。

両方やられてしまってもう何でもありだなと笑

やっと、私の中でも、その辺のしがらみがなくなった気がしました。

とてもとてもとてもゆきひろさんのドラムがしっかり響いて良かったんだ。

オリジナルよりもどっしりしっかりしてる分、思う存分魂飛ばせる感覚。

戻ってこれる安心感というか。櫻のドラムだと飛ばしたら戻ってこれなくなりそうで。

それはそれで聴いてみたかったし、heavenlyな心地だろうけど。

メンバーもリスナーも大人になった今は、戻ってこれる確証がないと迂闊に入り込めない、かな。

過度な演出もなく、スクリーンに映る青い地球がメンバーとオーバーラップしてるのがとても良かった。

ぼくの地球を守ってが大好きな私は、木蓮が夢見た、紫苑が焦がれたKKが見えた気がしましたよ。

あとfeel heavenlyって歌っている自分が信じられなかった。

え?今ほんとにわたしfeel heavenlyしてるの???現実???っていう感覚が強かった。

 

14.trick

余韻も何もまったくありませんが笑、そうか、宇宙つながりではあるんだよな。

月に飛ばした魂を地球へ見事引き戻してくれました。

ステージに4人並んでる図が強すぎて、ロイヤルストレートフラッシュだった(これ2日目のMCでしたっけ)

 

15.XXX

はいどさんの声が心配すぎて全然集中できなかったXXX…

得意な曲だと思ってたけど、いとも簡単に崩れるのだな。

決めるところは決めてたけど、表情もあまり作りこめてなくて悔しそうでした。

16.Wings Flap

ハイヲタs4人イントロでぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでした。(3回目)

夏の曲だと思うんですけど(リゾートのプールサイドで聴きたい。熱帯夜に)

このキラッキラバブリー感!華やかさ!

クリスマスに聴きたかった!!!イルミネーションデート感!!!!

この曲もはいどさん辛そうでしたが、ベースのブイブイ来る感じ最高で救われました。

Wings Flap in the Nightの後に入るブイ〜〜〜ンに思わずてつやー!!!!!って咲いたw

ラルクアンシエルは4人全員が推しなので大変忙しいです。

17.Link

そんなに嫌いってわけではないんですけど。特に好きなわけでもなく。

イントロ聞こえても無反応なハイヲタs4人正直すぎてほんと大好きです笑

銀テープとバルーンの大盤振る舞い。

18.White Feathers

本編ラストにWhite Feathers何年ぶりでしょうか…

XXX&Wings Flapで心配してた声はどこへやら。

ファルセット多用してるからでしょうけど、綺麗な高音でした。

この曲で降り注ぐ羽根を見上げながら両手を広げて歌うはいどさんが大好き。

あぁ空は何も変わらずそこにいた、の地に足着いたしっかりとした歌い方も好き。

なんてロマンチックな最後なんでしょう。

 

19.Don't be Afraid

ハイヲタs4人イントロでぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでした。(4回目)

が、ずっこけました。。スタッフしっかり。。。こんなミス初めてだよ…

ピッチもズレてたしますます心配になるはいどさんの喉。

20.twinkle,twinkle

この曲がこんなに多幸感あふれる曲だったなんて発売13年で初めて知った。。

こんな笑顔しか溢れない、包み込むような愛を感じる曲だったなんて。

特にすごく好きな曲だったわけでもないし、AWAKEツアーでも気にしてなかったんだけど。

突然ぐいっと感情動かされました。

21.I Wish

クリスマスに聴きたかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はいどさんの優しいRing bell through the window♬にけんちゃんのアコギ。

こここっここここここここの少ない音で聴いてみたかったんです簡単に実現してしまった…

でも1AはRing bell〜の合唱いらないと思います。そこははいどさんの歌聴きたい。

大サビの大合唱の時ははいどさんずいぶんさらっと、悪く言えばかなりテキトーに歌ってるな〜

と思っていたのですが、振り返ってみれば歌うのかなりしんどかったんでしょうね…

 

22.雪の足跡

 

READY STEADY GOがないライブ出来るんですね…びっくりしました。

ハイドラで言っていた「ロマンチックな夜になると思います」がまさにその通り。

演出も素晴らしくてこれがラルクアンシエルのクリスマスかと。

期待はしてたけど、期待以上想像以上のライブを魅せてくれました。

楽しくて、幸せで、とてもheavenlyな心地になれました!

Day-2は気が向いたら書きます。色々苦しくて。

posted by みゆ | 01:12 | L' | comments(0) |