CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE

  職業、旅行屋。
  趣味、はいど。

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
LOVE BLOG
OTHERS
モットーは狭く深く。
フランスの配色
リハビリかねて、今日はちょっと買い物に行っていました。
3,4時間で帰ってきたんですけど、少し歩いただけで疲労感パネエ。
この短時間のおでかけで、昼寝2時間半て燃費悪いことこの上なし。
体力が足りません。私に力を。

で、たまたま本屋さんに並んでた本に一目ぼれして、そのままお持ち帰りしてしまいました。
それがこれ。



『フランスの配色』

表紙の色合いからして素敵でしょー!
ピンクに差し色青、という組み合わせが大好きなんです。

表紙もさることながら中身も充実。
絵画、風景、商業デザイン、街並み色んな色彩の配色を解説してくれています。
一番好きなのは、フランスの小学校の国語の教科書。
こんな可愛い教科書だったら勉強絶対楽しい。そして絶対とっておくと思う。
なんて可愛いの。そしてハイセンス。

わたし、仕事で店頭に掲示するPOP作ってるんですけど。
字の配置や写真の配置はわりと得意なんです。空間を使うのは得意。
しかし色でいつもつまづくんですねー
カラーコーディネイト力が恐ろしく欠如しているんですねー
黒白で作ってる時はすごい良かったのに、字に色を載せた途端崩れるという。
この本のイイトコロは、巻末に色名事典がついてるんだけど、すべてにWeb値とRGB値が載っている!!!
これは使える!!!!!!
ベース色、アクセント色、色の配分(分量?)がすべて載っているので、文字色、枠色、背景色、そのまま使える!
これ仕事で使える!!!!!
旅行会社いうてもほいほい旅行売ってるだけじゃないんですよー裏方の作業が多くてねー
楽しいからいいんですけど。

ヨイショするわけでもないけど、ピエブックスの本はどれもセンスがよいです。
世界のステンドグラス』という本も持ってるんだけど、これもかなりおすすめ。
ステンドグラスといえばヨーロッパが主流と思いきや、意外にも南米の教会のステンドグラスがとてもセンス良かったり。新しい発見がありました。
あと、『世界の路面電車』と『世界の空港』も欲しいんですが、1冊1890円はぽいぽいと買える値段では・・・ラルクも忙しいし・・・
というか世界シリーズ全部集めたいくらいだ。

最近はガイドブックも可愛いのがいっぱい出てますね。
見てるだけでうきうきになれるのが、『歩いてまわる小さなパリ』



こういう本は実際行くとすでに閉店してたりするので使い勝手としては悪かったりしますが(爆)。
ガイドブックに載ってたローマで可愛い雑貨屋さんが、行ったら閉店してたことがあったのです。あはは。
しかし、カイエ・ド・パリはとても可愛いHPで見てるだけで楽しいですし、情報量もまずまず。
私がパリ行った時もけっこう使いました。
なので作ってる元は手堅いので上記みたいなことはたぶんないかと(笑)。

そんなわけでパリに行きたい欲求が高まった13日の金曜日でした。
まずパリに行ける体力をつけなければ。
posted by みゆ | 22:00 | | comments(0) |
まこ
まこブログ終了に動揺を隠せません。うえーん(TOT)
一時期ねこブログにすごいハマってあっちらこっちら見てたんだけど、結局、一番最初に見たまこブログが一番楽しくって可愛かったので、今現在、日参してるのはまこだけだったのです。
それが終わってしまうなんてー(TOT)
何を糧に生きていけというのだー(TOT)

たくさんの笑顔と安らぎをまこたちからもらいました。
3年間(私が見てたのは2年くらいですが)ありがとうございました。

ブログ終了と共に、まこ本も出るようなのですが、7月は欲しい本が目白押しなのです。

そのいち。まこという名の不思議顔の猫 参
そのに。宵山万華鏡/森見登美彦
そのさん。ころころろ(しゃばけシリーズ)/畠中恵

誰か図書券ください(爆)。

そういえばミッキーマウスの憂鬱 を読みまして、確かに楽しかったのですが、舞台がTDRってだけで、中身はよくある権力争いに打ち勝つ世間(会社)知らずの若者の話だなあと思いました。
踊る大捜査線のディズニー版ですね。うん。



ちょっと変な話。

宮部みゆきが最近どうにも好きになれず。
もともとはすごい好きで、母の影響もあるんですけど、宮部が書いたものはほとんど全部読んでるんです(何せうちに全部あるから)。
それがなぜ最近好きになれないかというと。
結末に救いがないんですよね。
ミステリにそれを言うか!?と言われたらおしまいですが、必要以上に人が死ぬ。しかも子ども。
徹底的に重く書くことで、現代社会の暗さを反面教師にするやり方がどうも好きになれない。
読後感が悪いのです。
前はもっと、違ったなあ〜すっきりできたなあ〜と思って。
宮部作品で一番好きなものは、短編集(とり残されて)に入ってる「たった一人」という話なんですが、ほんと大好きでセリフ軽く覚えてるくらい大好きなんです。
これの終わり方と、あと、、、、カード破産の話ってなんだっけ、、、、タイトルド忘れした、、、、、
あぁ!火車だわ!火車!(←今アマゾンで調べてきた)
たった一人と、火車の終わり方って、「その後」がすごく気になるんです。
主人公がこの物語の先にどう進むのか、っていう想像を読者にさせるやり方がすごいうまいんですよ。
たった一人は、夢に見た場所がどこにあるかを探しに行く話なのですが、最後がほんと泣けるし、続きがすんごい気になるし。続きはないんですけど。
読んだあともどきどきさせてくれる宮部さんの書き方が大好きでした。
そういうどきどきが最近なくて、なんか、うーん・・・って感じしか残らないの。
私よりも宮部歴が全然長い母も同じことを言ってて、私の考え方が変わってきたんじゃなくて、やっぱりあの人の書き方が変わったんだな、と。

あ。宮部みゆきも、時代物は好きなんです。相変わらず。
現代ミステリやファンタジーがちょっとだめ。

そんなわけで、高校くらいまでは宮部みゆきばっかり読んでたのが、最近は色々手を出すようにしてます。
今は京都好きも相まってもりみーさんが好きです。
でも、昔宮部みゆきに出会った時のような、ものすごい感動と興奮はなかなか得られないんですよね。
なんか面白い本ないですかー
posted by みゆ | 15:42 | | comments(0) |
精霊の守り人
教育テレビでアニメが終わってからだいぶ経ちましたが、今さら「守り人」シリーズを読んでおります。
これが意外や意外。大変面白いのです。

今、精霊、闇、夢まで読みましたが、読めば読むほど、「SHINE」よりは「ALONE EN LA VIDA」の方が物語にぴったり合うように思います。
きらきらしただけのファンタジーではなく、闇、というか暗い部分がとても多くて、流れ流れて、旅をし続けるバルサのイメージはALONE〜だなあ。

道先に明日がどれくらい待つだろうか
誰かのために心を灯すだろうか

ALONE〜で一番大好きなこのくだり。
ここがね、とっても主人公(だよな?)のバルサの人生をあらわしてるように思うんですね。
自分を追う王が死んで、追われる身から解放されたのに、自ら闘いの中に身を投じ続けて、ずっと何か探し続けてるバルサの心の中は、こんな感じなんじゃないかなーと。
ここまで達観できてないかな、まだ。

あなたへの愛が私の証

と言い切るはいどの、この地に足ついたしっかりとした感覚を得るにはあと何年かかるんだろうか。
バルサじゃなくて、私がね。
自分の居所をちゃんとわかってる、居所がちゃんとある人なんだなあ。はいどは。
どうしたら40年やそこらでそんな人になれるのだろう。

話がずれました。えーっと。守り人シリーズ。
一応、児童文学のくくりみたいですが、これはちょっと小学生や中学生には難しいぞ。
社会人3年目の私にもちょっと完全には理解できないもの(爆)。
ファンタジーの世界に容易に意識を飛ばせる妄想力と、かなりの読解力が必要です。
しかし文章自体は優しいので、ほいほい読めます。
片手間に読んでるから理解できないのかな?
真剣に身を入れて読んでも半日くらいで読める、でしょう。
先が気になって、斜め読みしちゃうんですよね。それが理解力を低下させてる。うーむ。
12時間、飛行機に乗らなきゃいけないので、その時に読もうと思ってとっておいてるんだけど、先が気になるので次の虚空の旅人も今すぐにでも読みます。
また違う本持ってけばいいじゃろ。うん。

ちなみにアニメは最終回しか見てません。
原作とエンディング違うんだよなー
posted by みゆ | 00:15 | | comments(2) |
健忘録
今年読んだ本。

タルト・タタンの夢 / 近藤史恵
凍える島 / 近藤史恵
桜姫 / 近藤史恵
おそろし / 宮部みゆき
しゃばけ / 畠中恵
ぬしさまへ / 畠中恵
ねこのばば / 畠中恵
おまけのこ / 畠中恵
ヴァン・ショーをあなたに / 近藤史恵

読んだ順。仕事が忙しい時期は読まないので、宮部みゆき以下この1ヶ月くらいで全部読みました。しゃばけ面白い!
しゃばけドラマ化第2弾にあわせて次の文庫が出るようですね。
また1年待つのは嫌だからうそうその文庫買ったらあとは単行本で買います。母に買わせます。
久しぶりに現代ミステリ読みたいけど最近面白い現代物ないんですよねー
しかし、宮部と、しゃばけと、立て続けに江戸物読んでたので江戸かぶれ中です。

タルト・タタンとヴァン・ショーはシリーズものですが、フレンチレストランの話なので読んでるととてもとてもとてもお腹空いてきます。美味しいもの食べたくなる。
ヴァン・ショー!飲みたい!(オレンジやスパイスを入れて砂糖で味付けしたホットワイン)
私サングリア大好きなので、ホットもたぶんイケるだろうと予想。
でも日本の飲み屋のサングリアはどこで飲んでも渋みが残ってて美味しくない!
もっともっともっとフルーツたっぷり入れて甘くしちゃっていいのに!!!
スペインのバールで飲んだサングリアは、オレンジやレモンやぶどうがいっぱい入っててとてもとても美味しかったです(甘いからって調子に乗って飲みすぎて友達は潰れましたがww)。
お土産に、スーパーで買った1パック1ユーロのサングリアでさえもすんげえ美味しかったもん。
あースペイン行きたい。ワインが美味い国に行きたい。

話がズレました。
さてさて次に守り人シリーズが控えております。揃えたのは母です。
世の中にまだまだ面白い本がいっぱいあるだろうし、それに出会えないのは悔しいので、もっともっと読みたいんだけどなかなか時間がな〜い。
マンガも読みたいし。映画も観たいし。旅行もしたいし。もちろんライブも行きたいし。
人間って貪欲な生き物ね。
posted by みゆ | 22:00 | | comments(0) |
路地裏LOVER
この2冊が欲しくて欲しくてたまらない。
欲しい。とにかく欲しい。猛烈に欲しい。

日本

日本の路地裏100



世界

世界の路地裏100



今日ヴィレッジヴァンガードで見つけまして。一目惚れでございました。
2冊で5000円。誰か買ってくれ。
THEATER of KISSの写真集あきらめればいいのか。

・・・そんなことできっこないorz

日本の表紙は金沢。ちょうど去年の今頃に行きました。
エイトホールの前ふらふらしてたら父からMJ当選のメールをもらったのよwww
世界の表紙は、、、スペインのミハス、かな?行きたい。

欲しい。猛烈に欲しい。
そして猛烈に旅に出たくなる。
10日くらい休み欲しいなあー
そんでスウェーデンに行くの。
魔女の宅急便ごっこするの。
素敵な街並みをほうきに乗って飛んでくの。
あぁ。旅に出たひ。




5月4日に挙式じゃパリ前日入りかぁー?大丈夫なのぉー?なんて心配してたのですけど、そんなこと言ってたら母が、「何言ってるの!新婚旅行兼ねてるに決まってるじゃない!挙式の翌日に一緒に成田から飛び立つのよ!」と・・・
いいなあ・・・新婚旅行パリ・・・(すでに決めつけ)
ぜひモナコでリゾートしてきてください。
フランス行くんだったら、モネの庭に行って、ルーアンでノートルダム大寺院を見て、マルモッタン美術館とオルセー美術館とルーブル美術館に行って、パリのカフェでのんびりまったりして、っていうのをやりたい。あぁあとモンサンミシェル。忘れてはなりません。
全部カバーした(※パリは自由行動)ばっちりなツアーがあったんだけど、休みが8日も取れません。
いいなあパリ。
今度ヨーロッパに行けるのはいつでしょう。
posted by みゆ | 22:26 | | comments(0) |