CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE

  職業、旅行屋。
  趣味、はいど。

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
LOVE BLOG
OTHERS
Search this site



モットーは狭く深く。
<< ライブ参戦記録 No.251〜300 | TOP | 2016年のライブを振り返る >>
ACOUSTIC

VAMPS LIVE 2016終わりました。

ACOUSTIC DAYに命かけたツアーでした。

 

Unpluggedがすべての発端で始まったアコースティックしばり。

どなたか存じ上げませんが、VAMPSにオファーしてくださって感謝しかない。

 

しかし終わってみると、私がドストライクで好みの声はアコースティックではなく、

爆音の中で聴く、爆音の更に上を行く轟音の声なのかもしれないと思ったり。

 

アコースティックDAYは名古屋2日間と、札幌と、オーラスの舞浜と4本行きました。

名古屋初日は演者も客も手探りで、Unpluggedほどではなかったものの(散々MCのネタになりました笑)、

かなりの緊張感のなか紡がれる音に息をのむばかり。

そもそも幕が上がり切る前に始まるFAITHのストリングスなんて私を殺す気か(一番好きな曲なんですよ)。

初日にひとりアポカリプティカと称されていたチェロのかおりん。

頑張ってるのはわかるんだけど、Unpluggedのw/アポカリプティカを生で聴いていたので…

どう頑張っても音が足らない(;;)軽い(;;)と思っていたの。

そしたら2日目にコーヘイくんのコントラバスが加勢に入りました。

対応早い!素晴らしい!

2日目で初日の悩みの種ほとんど全部修正できたんじゃないかってくらい色々変えてましたね。

FAITHのコーラス(いつもはかずくんが歌っているパート)も初日かなりあっさりだったのが、

最後の伸びをかなりサビ食い気味に伸ばして、ビブラードがとてもきれい。

この対応の早さ、完成度の高さ、こんなに隙がないライブ、演奏を観るのは久しぶりでした。

 

私が一番集中して観れたのはかなり強引に行った札幌。

休みが1日しかなかったので、初めてSKYMARKのお世話になり、夜更かしフライトで帰ってきました。

いや〜無茶した。見事に体調崩した。リカバリに3日かかりました笑。

札幌はSWEET DREAMSに尽きます。

アウトロのフェイクにL'ArCASINOのPiecesの面影を見ました。

最後の鉄琴のような綺麗なファルセットはhydeさんならでは。この人だけの武器。

バンドはTHE PASTがちょっとズレてた気がする…

舞浜はガチっと合ってたので、やっぱりあれズレてたんだなってわかるという。。。

 

アコースティックはTHE JOLLY ROGERとLOVE ADDICTがかっこよすぎた…!

特にLOVE ADDICTはベース(アップライト?コントラバス?)とはいどさんのボーカルとの兼ね合いが素晴らしい!!

カッコよすぎて心臓ドキドキバクバクして、毎回毎回号泣でした。

ベースカッコいいとこんなにカッコいいんだ(;;)<察してください

 

舞浜は前日から遊びすぎました。

ライブのころにはわたし少しお疲れでしたよ。

アンフィシアターの特徴である円形ステージを活かせてないのが残念でしたけど。

死角ができるから、なんですかね。

それならB席作って見切れ席とすればよかったのにとかブツブツ…

 

それはいいとして。

それまでの6日間のZepp Tokyo公演と氣志團万博で、かなりボーカルがVAMPSモード。

いやアコースティックもVAMPSですけどね。

普段の声の出し方と違って、はいどさんの超絶技巧ボーカルが聴けるんですが。

Zepp公演と続けて聴いたせいもあって比べられたからわかったんだけど。

思いっきりパーーーーーーンと全力で殴ってくる轟音ボーカルのほうがどうやら私は好きみたい。

Zepp公演のVAMPIRE'S LOVEのいまでもーーーーーの伸びが素晴らしくて感動に感動してたんですね。

アコースティックでもやるかな〜って構えてたら今一つ伸びなくて、なーんだと思っちゃった笑。

でもSWEET DREAMSは札幌の比じゃないくらいアウトロのアレンジが力強くて。

かなりしっかりしたメロディ歌ってて、思い出せないから音源ください。どうかひとつ。

 

バンドはVAMPSにしては回数少ない中で、簡単に完成度高いライブを魅せてくれて、感謝しかありません。

本当に隙がなかった。それははいどさんも。

いつの間にこんな力持ったボーカリストになったのかしら。

いやすごい人なんですけど。今年またひとつ飛躍の年になりましたね。

 

舞浜の最後のスタンディングオベーション。

Zeppではなく劇場であるアンフィシアターだからできたことだと思います。

はいどさんもかずくんも、スタンディングオベーションなんて経験したことない、よね?

鳴りやまない拍手の中、ふたりがぎゅっと握手したのが印象的でした。

はいどさんのまたやりましょう、を信じてまたこの素敵な時間を過ごせる日を夢見ています。

 

ライブのスタイルとして、何も邪魔されず耳も視界もストレスフリーに楽しめるアコースティックライブは好きです。

これからもVAMPSのひとつのスタイルとして続けていってほしい。

それはそれ、これはこれで、Zeppのライブスタイルも大好き。

わたし基本的にロックが好きなんだろうけど。

J-Meloライブでこういうライブしばらくないからー!の声に思わず、とってた柵の場所捨てて踊りにいったもんねw

 

今年のアコースティックで、本当にすごいボーカリストにまた成長したはいどさん。

ラルクで歌ってくれるのがとても楽しみ。

戻ってくるのを気長に待ってまーす。

posted by みゆ | 23:55 | h | comments(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:55 | - | - |
コメント
コメントする