CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE

  職業、旅行屋。
  趣味、はいど。

CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
LOVE BLOG
OTHERS
モットーは狭く深く。
<< 2016年のライブを振り返る | TOP | 東京ドーム >>
逎潺 2016 in Furano

また富良野へ行くときは絶対ROENTGEN NIGHTで、と思っていたのですが。

5年たってもROENTGEN NIGHTやってくれないので我慢できず行ってしまいました。

 

Twitterにつぶやいたことのまとめとざっくり感想。

 

1曲目。雪の足跡

 

ストリングスのアレンジがとても気持ちよかった雪の足跡。

ボーカルがあまり覚えてられなかったのが残念。。

席がちょっと近すぎましたね。

 

2曲目。WHITE SONG

 

原曲キーだったWHITE SONG。

ROENTGEN NIGHTは半音か一音上げてたんですけどね。

最初のBreatheからしてそんなに声を張れる音の高さでもないのにぐわっと声の圧が全身に響いて、一気に目の前白銀の世界になりました。

snow will fallで手のひらを天に向けて雪が降ってくるのを受け止めるしぐさをしたり、雪が降ってくるのを仰ぎ見る、天を仰ぐ目線が多かった印象。

I can't waitの本当に待ちきれない感が、柔らかな笑顔と、力強いwaitの声にこもっててとても楽しそう。

I can't waitの熱のこもり方に、はいどさんの感情を込めて歌えるようになった、っていうことがどういうことか初めてわかった気がしました。

 

3曲目。DEPARTURES

 

アレンジ最高。堀向さんありがとう。ありがとう。ありがとう。

あのダークさ。暗闇の中を進んでいくような重さのピアノと弦楽器。

これは、本家で色んなバージョンのDEPARTURES聴いたけど、小室さんには絶対できないアレンジなんですよね。

基本的にDEPARTURESは未来へ向かっていく歌詞で、明るい、外に開けたアレンジしか聴いたことないもの。

小室さんは、歌詞が明るければアレンジも明るく、暗ければ重い。

この逎潺気DEPARTURESは楽器がすごくダークなんだけど、はいどさんのボーカルが暗闇を通る一筋の光みたい。

最初光の線が細くて、曲が後半へ進むにつれ線が帯になり、大サビで光が暗闇をすべて覆い尽くすような。

曲が進んでいくにつれ熱を帯びるボーカルが素晴らしかった。

いちばんは、KEIKOちゃんがライブで歌っていたのと同じようにはいどさんも歌っていたこと。

はいどさんが、歌詞を読んで、解釈して、ここは強調して歌いたいと思ったところがKEIKOちゃんと同じだったということ。

1Bの最後の、全部あ、ず、け、た〜って一音ずつ区切って歌うところです。

音源は滑らかにあずけた〜って歌ってるけど。ちなみにMステはテンポ速くて区切ってなかったです。

こんな奇跡があろうかと。

このDEPARTURESを富良野で聴けて良かった。

20年前のわたしに言ってもこんな未来信じられないだろうな笑

 

4曲目。北の国から

 

北の国からガチオタはいどちゃん笑

わたしはオリジナルがまったくわからないのでさっぱりわかりませんでしたが^^;

アレンジは例えるならば、また火オープニングのHurry Xmas並みのポップさ。

うきうきわくわくストリングスにはいどさんのハミングが混ざってとっても楽しかった!

インスト的でしたね〜

 

5曲目。Hurry Xmas

 

めっっっっっっっちゃ楽しそうに歌っていたHurry Xmas。

ほんっとに楽しそうに歌うのよ。

あんな素敵な笑顔で歌ってくれるなんて、それが私の大好きな曲でなんて幸せでしかなかった。

雪が降り積もればいいのに、で天を仰いで雪降らないかな?な表情したり、

イカしたドレス着た〜で、最前の子をひとりずつ見てにっこりしたり、

たくさんの表情たくさんの笑顔魅せてくれた!

Com'on music♬でYUKIちゃんの方向いてどぞ!ってやってたのも可愛かったわ。

 

6曲目。Let It Go

 

一番歌いたい曲、とはいどさんが言っていたれりごー。

一昨年初めてやった時からずっと歌っているようですが全然期待してなくて。

オリジナルをちゃんと聞きこんでないのもありますけど、流行りものに対する拒絶反応が強い天邪鬼タイプなわたし。笑

それが今回のベスト!ってくらいとてもとてもとても良かったー!

キーをだいぶ下げて歌っているのもあって、なかなか聴ける機会のない低音域でその響き方にメロメロ〜

Butterfly's sleepくらいの低さと響き方だったと思います。

もう二度と〜と、れりご〜の伸ばす音が同じ、だったんじゃないかな?

素人耳なんで違うかもしれないけど、響き方が似てました。

この低さが、すごく男らしくて、カッコよかったんです。

そう。この曲にこんなに男らしさを感じることができるなんて!!!

素晴らしい歌い手さんになられて・・・なんて感動してしまいましたw

そしてはいどさんがしきりに面白い曲、と言っていたけど、そう言っていたのはたぶん、この曲一小節が歌メロと楽器隊でズレてるんだよね。

全部、歌メロのフレーズが、楽器隊が終わりきる前に始まるから入りのタイミングがすごく難しそう。

これ歌えるようになったら歌上手になれる気がすると言っていたはいどちゃん。

いやかなり上手くなったと思うんだけど、まだまだ向上心衰えてないところにうれしくなりました。

 

7曲目。雪の華

 

雪の華もキーかなり低め。

甘えとか弱さじゃないただ君を愛してるをはいどさんが歌うとかうおおおおおおお

カバーのいいところは、はいどさんが絶対書かないような歌詞を歌うのを聴けるところですよね。

「愛してる」という言葉を頻繁に使うことはない、でもちゃんとその時が来たら(大切な人には、だったかな?)言わなければいけない言葉(ニュアンス)と話していて、それからのこの曲は良かったですね。

中島美嘉ちゃんとリハで会った時のエピソードが面白かった。

雪の華を初めてみんなで合わせた時に隣のスタジオで美嘉ちゃんがリハしていて。

普通なら「ありがとうございます〜」で終わるのに、美嘉ちゃんは「ぜひ聞かせてください!!!」っていうの。あの子そういうところなんか度胸あるんだよね、と話していました。

可愛い妹のこと話してるみたいで実際そうなんだろうけど、とても微笑ましかったです。

 

8曲目。MY HEART DRAWS A DREAM

 

our hearts draws a dreamの合間のとぅるる〜ってファルセットのフェイクを久しぶりに聴けた!

って終わったあとかなちゃんと飲んでるときに共有できたのがうれしかったwやっぱり聴いてるところ一緒でしたw

今年YOSHIKIバージョンと、堀向さんバージョンと、幸運ながら両方聴けましたが。

YOSHIKIのピアノもとても素敵なんだけど、すこし泣きそうな音がするんだよね。

一方堀向さんのピアノは明るくてどちらかというとかわいらしい感じ。

富良野で聴くマイハートにはぴったりの音でした。

ラルク歌っているときのはいどさんがどの曲もとても笑顔で楽しそうだったのが、、、もう感無量です。

 

ラスト。SHALLOW SLEEP

 

夢で逢えますように、ってはいどちゃんが言うので当然sweet dreamsかと思っていたの。

サポートメンバーもACOUSTICメンバーだったし。

からのSHALLOW SLEEPで完全に頭パーーーンしてしまった。。

english ensembleにかなり近いアレンジで、1メロは楽器隊小さめでボーカルがふわっと入って、2メロから音数増えていくっていう感じだったように思います。たぶん。。

それが、本当に夢を見始める感じからだんだん眠りに落ちていくようでとても素敵でした。

もうちょっとちゃんと覚えていたかった。。全然覚えてない。泣

 

 

Last ChristmasとAngel's Taleが聴けなかったのがすこーし残念でしたけど。

今回聴いた曲1曲も逃したくはなかったし、どれもすごく素晴らしかったので、はいどさんが今届けたかったもの、歌いたかったもの全身全霊で受け止めました。

冬は寒いけど、暖まろうとするその行為が好きという話をしているはいどさんが好きです。

 

 

最後に握手したとき、わたしはglobeが好きで、KEIKOさんが歌えない歌をよみがえらせてくれてありがとうございます。って本人に伝えられて良かったなあと思います。

 

そのあとMステで小室さんがしきりにKEIKOが歌えないかわりに、と言っていましたが。

隣のはいどさんがちらっとでも私が言ったこと思い出してくれればいいなあ、なんて。

ファンのエゴですね。

posted by みゆ | 20:54 | h | comments(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:54 | - | - |
コメント
コメントする